IT専科TOP>FTPコマンド>FTPコマンド(ABC順)> prompt

prompt

プロンプト機能(対話モード)の切り替えを行います。プロンプト機能がOnのときは、FTPコマンドを対話的に実行します。デフォルトはOnです。


書式

prompt

▲PageTop

実行例

プロンプト機能の切り替えを行い、複数のファイル送信を行ったときの動作の違いを確認します。

  1. 現在のprompt機能を確認します。(「status」コマンドの実行)
  2. 複数のファイルを転送します。
  3. prompt機能を切り替えます。
  4. 複数のファイルを転送します。

実行結果

ftp> status [Enter]
ftpserver に接続しました。

種類: ascii; 詳細: オン; ベル: オフ; 確認: オン; グロビング: オン ← prompt(確認)機能は「On」
デバッグ: オフ; # (ハッシュ記号) の出力: オフ。

ftp> mput * [Enter]
mput SampleText01.txt? yes [Enter]
200 PORT command successful
150 Opening ASCII mode data connection for SampleText01.txt
226 Transfer complete.
ftp: 20 バイトが送信されました 0.00秒 20000.00KB/秒。

mput SampleText02.txt? yes [Enter]
200 PORT command successful
150 Opening ASCII mode data connection for SampleText02.txt
226 Transfer complete.
ftp: 20 バイトが送信されました 0.00秒 20000.00KB/秒。

ftp> prompt [Enter] ← prompt(確認)機能を「Off」
対話モード オフ。

ftp> mput * [Enter]
200 PORT command successful
150 Opening ASCII mode data connection for SampleText01.txt
226 Transfer complete.
ftp: 20 バイトが送信されました 0.00秒 20000.00KB/秒。

200 PORT command successful
150 Opening ASCII mode data connection for SampleText02.txt
226 Transfer complete.
ftp: 20 バイトが送信されました 0.00秒 20000.00KB/秒。

ftp>
        

▲PageTop